無題ドキュメント

商品カテゴリー

新規会員登録

ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:¥0

レジに進む

お買い物の前に

ホーム > 成分から選ぶ > クラスターデキストリン×ペプトプロ > 00X'AAA+PEPTO 300g お試しパック グレープフルーツ味

00X'AAA+PEPTO 300g お試しパック グレープフルーツ味

 

毎回全力でトレーニングや練習をしているからこそ
1回も無駄にしたくない。


もっとトレーニング量を増やすことができたら?


もっとハードに追い込めたら?


試合後半もバテなかったら?


仕事後にそのままジムに行ってもガンガントレーニングできれば・・・


翌日の疲労が少なければ・・・


BCAAやアミノ酸だけ飲んでいればいいのだろうか?


トップアスリート達には何か秘密があるのだろうか?
運動中のサプリメント戦略が全ての鍵

運動中のサプリメント戦略が全ての鍵

市場にはいろんなタイプのスポーツサプリメントとメーカーが溢れてる。

どれを飲めばいいのだろうか?
時間もお金も無駄にはしたくない。
もし1つしかスポーツサプリメントを選ぶことができないとしたら?


私達アスリートとトレーニーが抱える一番の悩み・・・


■結局のところ 『何を』 『いつ』 『どれだけ』 摂れば一番成果を上げられるのか?が知りたい!


この答えを出すためにはまず私達が送る24時間の生活について考える必要があります。

基本的にアスリートの24時間は3つに分けられます。

①就寝時間帯
②日中の活動時間帯
③身体活動時間帯(トレ・練習・試合)


どの時間帯にもそれぞれフォーカスされたスポーツサプリメントが山ほどあります。


■3つの時間帯で最も結果を左右するのはどの時間帯でしょうか?


それは『身体活動時間帯』以外にありません。


ここではっきりと断言致しますが、アスリートのパフォーマンスに最も変化をもたらすのは
【実際の身体活動中に何をどれだけ摂るか?】という選択以外にありません。


何故でしょうか?


身体活動中というのは1日24時間の生命体の活動で『最も生理学的反応が活発になっている時間帯』だからです。


この最も活発な反応が起きているタイミングに集中的に必要な物を投資することで水しか飲まないアスリートと大差が生まれます。
身体活動中に何を飲めばいいのか? 答えは結果を見れば明らか

身体活動中に何を飲めばいいのか? 答えは結果を見れば明らか

2000年以前のスポーツ栄養学では身体活動時に以下のどちらかを飲むことが主流でした。

①炭水化物+電解質系の飲料(スポーツドリンク)
②タンパク質系の飲料(BCAA・必須アミノ酸・プロテイン系ドリンク)


しかし2000年以降トップアスリート達の間では『炭水化物』と『タンパク質』を身体活動中に最適な比率である【3〜4対1】で混合したワークアウトドリンクを摂取することに一気にシフトし始めました。


■なぜ混合するようになったか?

炭水化物系飲料では炭水化物によるメリットしか得られず、
タンパク質系飲料だけではタンパク質によるメリットしか得られません。

しかし混合することでそれぞれを単体で摂取した時に得られるメリットにシナジーが起きることが判明したからです。


ワークアウトサプリメント(スポーツドリンク含む)におけるパラダイムシフトが起きたのです。
■1.炭水化物+タンパク質の混合摂取と炭水化物だけを摂取した場合の運動の持続時間と骨格筋損傷を比較した実験

結果として炭水化物+タンパク質の混合摂取グループのほうが

・運動の持続時間29〜40%延長
・骨格筋損傷83%減少

という驚くべき結果が出た。

つまり従来の炭水化物+電解質だけのスポーツドリンクではアスリートの運動中の栄養素としては不十分であると言える。

参考文献.Saunders MJ,Kane MD,Todd MK.Effects of a carbohydrate-protein beverage on cycling endurance and muscle damage.Med Sci Sports Exerc.Jul2004;36(7):1233-1238.

■2. 12週間のストレングストレーニングプログラム期間中、トレーニング直後に炭水化物+タンパク質を毎回摂取したグループでは

・筋のサイズが8%増加
・筋力が15%増加

2時間後に摂取したグループでは変化が見られなかった。
トレーニング中に摂取することでより大きい差が期待できる。

参考文献.Esmarck B, Andersen JL, Olsen S, Richter EA, Mizuno M, Kjaer M. (2001). Timing of postexercise protein intake is important formuscle hypertrophy with resistance training in elderly humans.
Journal of Physiology, 535:301 – 311.


■3.疲労困憊までの運動の後に炭水化物対タンパク質の比率が4対1の混合飲料を摂取したグループの方がその後の疲労困憊までの持続時間テストで疲労困憊までの時間が炭水化物+電解質(通常のスポーツドリンク)よりも約55%も長かった。

さらにグリコーゲン貯蔵量も28%多かった。

この実験では最初のセッション直後に飲料を摂取をしているが初回セッション中に摂取した場合この差はさらに大きくなったと推測される。

参考文献.Williams,P.B.R.,D.L.Fogt,and J.L.Ivy.Effects of recovery beverages on glycogen restoration and endurance exercise performance.J.Strength Cond.Res.17:12-19.2003.


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
では上記のような結果を得るには炭水化物にブドウ糖を、タンパク質にはホエイプロテインを混合して飲めばいいのでしょうか?
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここ(物質の吸収速度)に最も重要な鍵が隠されていたのです。この選択を誤ることで逆に作用することさえ起きる程に吸収速度は重要なファクターだったのです。

00X'AAA+PEPTOの根幹を成す5つの選び抜かれた原料とは?

①・疲労困憊までの運動持続時間をブドウ糖の約1.78倍も高める「クラスターデキストリン®」を配合!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クラスターデキストリン®は日本の技術を駆使して製造された運動時に特化した炭水化物です。

下の結果を見てください。

これは筑波大学の水泳部のトップスイマーを対象に疲労困憊になるまでの持続時間を測定した実験結果です。

・水だけ摂取群 309秒
・ブドウ糖ドリンク摂取群 283秒
・クラスターデキストリン®ドリンク摂取群 504秒

実験内容は流水プールで75%強度に設定された運動強度で5分間の遊泳と3分の休憩を挟むものを10セット繰り返し、その後に90%の強度にまで運動強度を上げて疲労困憊に至までの時間を測定しました(疲労困憊の判定は測定開始位置から後方に1.0メートル流された時点とする)。


面白いことにブドウ糖ドリンク摂取群は水しか飲まないグループよりもタイムが悪くなっています。


ブドウ糖が急激なインスリンの分泌を刺激し、結果的に運動後半になるほど血中のブドウ糖が返って低下しエネルギー切れを起こしてしまうからです。


運動中であればエネルギー消費が激しいのでインスリンの過剰分泌を促進するような糖の摂取でも問題ないのではないか?という説を述べている情報もありますが事実は数字上で明らかになっています。




血糖値を急上昇させる炭水化物は運動時には不向きなのです。



運動中に摂取する炭水化物はインスリンの過剰分泌を起こさないものでなくてはいけません。もちろん分泌が少なすぎても意味がありません。


インスリンの分泌を急激に促すような炭水化物は運動直後にはむいてますが、運動前や運動中には不向きです。


運動時に摂取する炭水化物に課せられる役目は下記の2点です。

・持続的にエネルギーを供給できることで疲労困憊に至るまでの運動持続時間を延長させる。

・胃の通過速度が早い。


クラスターデキストリンは市販されているデキストリンドリンクの中で最も胃の通過速度が早いデキストリンドリンクに対してさらに約1.35倍も胃の通過速度が早くなります。



通常こうした実験は最も悪いものと比較して数字を大きく見せようとしますがクラスターデキストリンの実験ではあえて最も優れたデキストリンと比較してこの数字を出しています。


『筋グリコーゲンの貯蔵量』ということだけに注目を注いでしまえば、ブドウ糖ドリンク摂取群のほうが水だけの群より遥かに高くなりますが、実際の運動時のパフォーマンスが低下してしまえば何の意味もありません。ここが筋グリコーゲンの貯蔵だけにフォーカスした場合に陥る落とし穴なのです。




②・メインタンパク質源に次世代アミノ酸ペプトプロ®配合!
オリンピックアスリートのために独占開発された新世代タンパク質素材ペプトプロ®を配合!。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旧AAA製造時はまだペプトプロ®を使用できなかったためホエイペプチドの中でも最もジペプチド、トリペプチドの含有率の高いホエイペプチドを使用しておりました。


ペプトプロ®が使用可能となった現在はホエイペプチドを使用する意味がなくなったため完全にペプトプロ®へ変更致しました。


これにより単純にタンパク同化作用は2倍向上していることになります。タンパク同化作用が向上したということは同時に筋損傷の減少も大幅に向上したことを意味します。


00X'AAA+PEPTO1.5kg 1袋には純粋なペプトプロ®が300gも使用されています。これはペプトフォース300g(ペプトプロ®90%含有のためペプトプロ®総量270g)よりも10%も多い含有量となっています。




③・エネルギーの元であるATPの再合成を促すD-リボース配合!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ATPの再合成を唯一促進する物質がD-リボースになります。Dーリボースは超高級素材であるため配合しているメーカーはほとんどありません。

配合していたとしても数100mgというレベルで実際に実験に使用されているレベルからはほど遠い配合量です。


現行製品は旧製品と比較して100gあたりD-リボースの配合量を2gから3gへ増量しています。国産のD-リボースはサプリメントとして60gで15000円超で売られているものがあるほどの素材です。


④・筋の合成シグナルとなるL-ロイシンを配合!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アミノ酸のLーロイシンはアミノ酸で唯一直接タンパク同化の信号となります。炭水化物+タンパク質の飲料を摂取させた研究で、ロイシンを添加したドリンクを摂取したグループのほうがタンパク同化作用がさらに強かったことが証明されています。


今回は製品100gあたりのロイシン量を旧製品の4gから5gまで増加させております。

5g=5000mg

アミノ酸はよくmg単位で記載されて、一見大きい数字に見せているメーカーが多いです。下記のような表記にご注意ください。

アミノ酸1000mgも配合!というのは1g配合という意味です。



⑤・疲労回復のためのクエン酸を多く配合!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アスリートの方で知らない人はいない疲労回復系素材のクエン酸を00X'AAA+PEPTOでは製品100gあたり5g配合されております。



【さらにサブ成分①】
製品100g摂取で1日に必要なビタミン群を約3分の1摂取できるようにも設計してあります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



【さらにサブ成分②】
ナトリウムとカリウムを運動時に最適な比率である約67対35へコントロールしてあります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


トレーニング界でよく下記の質問が話題になります。


『もし一つしかトレーニングエクササイズを選択できないにも関わらず最大の結果を出そうと思ったらあなたは何をしますか?』

有能なストレングスコーチの多くは『フルスクワット』と答えます。なぜならフルスクワットは全ての種目の基本であり、筋の参加数が最も多く、直接的にも間接的にも最大の効果を全身にもたらす種目だからです。


PPNの『00X'AAA+PEPTO』は数あるスポーツサプリメントの中で間違いなく『フルスクワット』と言える製品に仕上がっています。


是非お試しください。
お勧めのご使用方法

お勧めのご使用方法

一回当たり60g〜100gを水600ml〜1000mlに溶かしてお飲みください。30ccスプーン1杯で約13gすくえます。

「必要量の計算方法」
体重10kg当たり製品10gを水100mlに溶かして運動中にお飲みください。

例:体重70kgの場合

体重10kg当たり10g必要なので必要量は70kg当たり70gになります。

水の必要量は10gに対して100ml必要なので700mlになります。


【補足】体重10kg当たり10g摂取という量は約90分程度の運動を想定した設計です。そのため運動時間に合わせて増減されることをお勧め致します。具体的には30分増減する毎に体重10kg当たり約3gの増減を目安に調整してください。
徹底管理された日本のGMP取得工場で製造しドーピング検査もクリアー!だから安心安全

徹底管理された日本のGMP取得工場で製造しドーピング検査もクリアー!だから安心安全

PPNの製品を製造している工場は日本国内初のGMP基準(GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みが始まっています)をクリアーした3社の内の1社です。原料の入庫検査から徹底管理されており有名メーカーの原料であっても検査で容赦なくはじきます。無論、海外工場などであるようなライン洗浄の怠慢による他原料の混入など一切ございませんので安心してお飲みください。
PPN製品はUKAS基準ISO17025によって承認されたドーピング検査機関LGCで厳密な検査をクリアーしております。ドーピング検査対象のアスリートの方々もご安心してお飲みください。
全額返金保証制度のご案内

全額返金保証制度のご案内

PPN製品は全てが裏付けのあるデータを元に、最高級の原料を用いて、最新の安全管理体制のもと製造されています(PPNのサプリメントを製造している工場は、国内初のGMP基準をクリアーした工場3社の内の1社で海外メーカーでは考えられないほど厳密な管理体制のもの製造されています)。万が一、1袋飲み終わるまでに何もご体感を得られなかった場合は全額返金をさせて頂きます。詳しくは『特定商取引法に基づく表記』ページをご覧ください。
ポイント2倍 オススメ
商品名 00X'AAA+PEPTO 300g お試しパック グレープフルーツ味
商品コード AA00300
価格 ¥ 3,780 (税込)
発送日目安 1~2日後
ポイント 75 pt
個数
  • ・10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
  • ・クレジットカートでのお支払いがお得!お支払手数料無料!
  • ・代引き手数料10,000円未満324円、20,000円未満432円、20,000円以上無料
  • ・ご希望のお届け日、お届け時間帯の指定が可能
  • ・新規会員登録で、今回の購入から使えるポイント500円分をプレゼント!

商品説明

『原材料名』:デキストリン (クラスターデキストリン®)、カゼイン加水 分解物(乳成分を含む)/クエン酸、L-ロイシ ン、香料(乳成分を含む)、DL-リンゴ酸、D-リボース、クエ ン酸ナトリウム、塩化カリウム、ビタミンC、 甘味料(アセスルファムカリウム、ネオテー ム)、ビタミンE、ニコチン酸アミド、パントテ ン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビ タミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12

*カゼイン加水分解物は全てPeptopro®を使用しております。
Peptopro®はDSM社の登録商標です。

『栄養成分表示(製品100gあたり)』
エネルギー:374kcal
たんぱく質:19.5g
脂質:0.3g
炭水化物:73.3g
食塩相当量:1.72g
カリウム:350mg

*炭水化物対タンパク質の割合は約3.7対1となっております。最先端のスポーツ栄養学において、運動中の炭水化物対タンパク質の比率は3〜4対1が最適であることが認められグローバルスタンダートとなりつつあります。

『ご注意』

・原材料には乳由来のものがありますので、食品アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。また体質に合わないと思われる場合は使用を中止してください。飲料に溶かした状態のものはお早めにお召し上がりください。

・クレアチンを混ぜて飲まないでください。クレアチンは水に溶かしたまま放置するとすぐに変性して活性のない物質へ変換していきます。よってAAA+PEPTOのようにコンセプトのサプリメントには混ぜないでください。ワークアウトドリンクにクレアチンを混ぜるというコンセプトはクレアチン特性を考えた場合にあまり意味のない行為です。もし運動時に血中クレアチン濃度をピークにしたい場合、運動を開始する約60〜90分前に摂取されることをお勧めします。

関連商品

00X'AAA+PEPTO 1.5kg グレープフルーツ味

¥ 17,500
継続摂取をご予定の方は300g袋よりも100g当たりの単価の低い1.5kgをお買い求めください。

■100g当たりの単価
300g袋:¥1326.6
1.5kg袋:¥1166.7

00X'AAA+PEPTO 1.5kg×3袋セット グレープフルーツ味

¥ 47,250
1.5kg袋よりもさらに約10%の価格メリットのある1.5kgの3袋セットです。

・単品で3回購入する場合より5100円の価格メリットがあります。合計金額2万円以上のため送料だけでなく代引き手数料も無料です。ハードトレーニーの方、ヘビーユーザーの方にお勧めです。

■100g当たりの単価
300g袋:¥1326.6
1.5kg袋:¥1166.7
1.5kg×3袋セット:¥1050

00X'AAA+PEPTO 25g×30包/箱 グレープフルーツ味

¥ 9,750
分包タイプです。
量を調整しやすいように25gの分包になっています。
30包入っているため合計容量は1.5kg袋の半分の750gです。

持ち運びも容易且つ袋を切ってそのままペットボトルに注げるので非常に便利です。トレーニングが伸びた際に途中で量を追加する際にも手間を取りません。

00X'AAA+PEPTO 25g分包×30袋×3箱セット

¥ 26,600
毎回1箱ずつご購入頂く場合より合計で2350円の価格メリットがあります。
100g当たりの単価は、1195.5円となっており1.5kg袋の1166.7円に近い単価となっております。

便利さを追求される方は是非分包の3箱セットをご利用ください。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
  • ★★★★★  レップ数  

    レビュアー:真

    確実な体感が得られました。
    集中力が増して疲労感が減るので練習量が増えます。

  • ★★★★★  実感!  

    レビュアー:K

    今まで違うサプリメント(BCAA)を使用していましたが、なかなか実感する事が出来なかったんですが00X′AAA+PEPTOを使用して実感しました!!
    良いです!!

  • ★★★★★  トレーニングに必須。  

    レビュアー:K

    普段だと諦めがちなもう一回を踏ん張れます。しかも、とても飲みやすいです。

  • ★★★★★  はっきり体感できます  

    レビュアー:osm

    体感できるサプリメントって少ないよねって思ってる方も多いと思いますが、かくいう私もその一人で、しかもエンジニアという職業がらか商品の効果にはかなり懐疑的なタイプの人間です。ただAAAは例外で、これははっきり体感ができるサプリメントだと思っています。たまにジムに持っていくのを忘れてトレーニングをしたりもするのですが、特に顕著なのが下半身の日で、普段ならまだまだできるはずのセット数なのに劇的に体が動かなくなり、ああこれがエネルギー切れかと実感します。また、トレーニング中にも飲みやすく胃もたれ等もせずに効率的にタンパク源を補給できるので、筋力アップにも絶大な効果があると感じています。数年前はスクワットで100kgも危うかった私が200kg以上挙げられるなったのはこのサプリメントがサポートしてくれたからだと信じています。他のワークアウトドリンクと比べると少し価格ははるのかもしれませんが、効果がないものにお金を払うのではなく、きちんと効果のでるものにお金を払っていると感じているので、個人的には全く高く感じていませんよ。今となっては私のトレーニング生活での必須アイテムになっているので、作り続けてもらえることを期待しています。

  • ★★★★★  練習量を増やすことができました。  

    レビュアー:ホリ

    AAA+PEPTOを飲んでから練習中の体力の持続力が上がり1回の練習が1種目から2種目と練習の幅が広がりました。更に翌日の疲労感が全く違い、追い込んでも翌日の活動に支障をきたさなくなりました。

  • ★★★★★  止めて分かりました  

    レビュアー:yusuke

    ワークアウト中のドリンクには色々なサプリメントを試してきましたが00X程体感できるサプリメントは初めてです。飲んでいる時にはトレーニングの調子が良いなぁという感じでした。サプリメントが無くなり、水でトレーニングした時に効果を実感!水だけだとどんどん身体が動かなくなり、00Xのおかげで調子が良かったのかと気付きました。次回から1.5kg袋にします。

このページのトップへ