これで完璧!プロテインの摂取に最適なタイミング

これで完璧!プロテインの摂取に最適なタイミング

プロテインの恩恵に預かるなら、タイミングが重要です。トレーニング前後や就寝前、起床後といった絶好のタイミングを狙って、そのタイミングに必要な種類のプロテインを摂るようにしましょう。

プロテイン摂取のベストタイミングは「トレーニング中」


できればトレーニング後でなく、トレーニング中から吸収の早いたんぱく質と炭水化物を摂取していくことが現在の主流です。

できるだけ消化の必要がなく、胃腸に負担のないプロテインを選ぶ必要があります。トレーニング中に水だけしか飲まない人と、吸収のよいプロテインと炭水化物を同時に摂取している人とでは大きな差が出ます。

また、ホエイプロテインは消化に時間がかかるためベストな選択とは言えません。ダイエットで炭水化物を制限していないのであれば、できれば炭水化物(糖質)も一緒に摂取するとより一層のトレーニング効果を期待できます。

炭水化物が必要な理由はトレーニング中に枯渇したグリコーゲンを早期に回復させるためと、トレーニング中に分泌し始める筋肉を分解するホルモンを止めるためです。たんぱく質と糖質の組み合わせで、より高い効果を得るようにしましょう。

「就寝前」もプロテインを飲みたいタイミング


トレーニング直後と同様に、寝ている間も成長ホルモンが分泌されているのはご存知でしょうか?特に活発なのが、就寝の30分後から3時間後。このタイミングも逃してはいけません。寝る前に飲むのなら、吸収速度がゆるやかなカゼインプロテインがベストです。

身体がたんぱく質を求めている「起床後」


起きた直後は空腹状態。しかも、寝ている間に栄養が消費されているので、身体が新しい栄養を求めています。「起床して1時間以内の朝食がよい目覚めにつながる」と言われるのは、このためです。

起床後や朝食前は、プロテインの摂取にもよいタイミングです。吸収の速いプロテインをおすすめします。朝食で食べた魚や肉が口から胃に入り、消化吸収されるまでには時間がかかります。

前日にハードなトレーニングをしたならできるだけ早く筋肉にたんぱく質を届けたいものです。そのためには朝食前にできるだけ吸収の速いプロテインの摂取が必要になってきます。

身体を疲れにくくする「トレーニング前」


空腹のままトレーニングを行うのは好ましくありません。空腹時は、筋肉のたんぱく質が分解されて、エネルギーとして消費されてしまうからです。空腹を避けることは、身体を疲れにくくする狙いもあります。

トレーニング直前に摂取するなら、吸収の速いプロテインサプリメントがおすすめでしょう。ホエイプロテインでは分解に時間がかかりますのでもっと吸収の速いものを選択しましょう。

食事の間隔が空くときは「食間」も


昼食と夕食の間は時間が空きがちで、どうしても空腹になってしまいます。“3時のおやつ”ではありませんが、プロテインを食間に摂るのは有効と言えます。

たんぱく質を摂る回数を増やすのは悪いことではありません。アスリートの方は1日に必要なたんぱく質量が一般人より多くなります。多くのアスリートの方は食事の回数を増やすことで、たんぱく質の1日あたりの摂取量を増やしています。

最強のプロテイン「ペプトフォース」の摂取タイミングは?


プロテインを摂取するのに最適なのは、トレーニング中や就寝の前後。このタイミングを狙えば「疲労の軽減と回復」「筋肉の修復」の両面で十分な効果を得ることができます。

ペプトフォース

では、アミノ酸よりも速い吸収速度を誇るたんぱく質素材「ペプトプロ」を配合したプロテイン「ペプトフォース」はどうでしょうか?

ペプトフォースにとってのベストタイミングはトレーニング前中後と朝食前(起床時)。血液中のアミノ酸濃度をすぐにでも高めたいときにうってつけです。ぜひ、お試しください。

この投稿をシェアする