クレアチン・モノハイドレートの最高峰「クレアピュア®︎ (Creapure®︎)」

クレアチン・モノハイドレートの最高峰「クレアピュア®︎ (Creapure®︎)」

弊社(ピークパフォーマンスニュートリション)のクレアチン商品『099’CREATINE THE ONE.』に配合しているクレアチン・モノハイドレートの原料は『Creapure®︎』と呼ばれる、クレアチン・モノハイドレート世界最高とされる原料です。

発売から一貫して『Creapure®︎』を配合し続けています。

しかし発売当初は『Creapure®︎』という名前を公開しませんでした。その理由はサプリメント業界が胡散臭いと昔から言われる由縁と深く関係しております。

ご興味ある方は是非続きもお読み頂ければ幸いです。

弊社でクレアチンの商品開発を開始した当初から、クレアチン・モノハイドレートの原料は『Creapure®︎』の一択でした。 『Creapure®︎』の登録商標の使用許可をドイツのアルツケム社に打診したところ、なんと『Creapure®︎』のロゴを使用しているメーカーの多くで不正が見つかった関係で、登録商標の使用契約を見直す必要があるため待ってください、との回答がきたのです。

『Creapure®︎』の商標を使用しているメーカーは、『Creapure®︎』以外のクレアチン・モノハイドレートを製品に混合してはいけないのですが、他の原料を混合しているメーカーが存在しているわけです。このような問題になったということは、結構多かったのではないでしょうか。

なぜメーカーはクレアチン・モノハイドレート同士を混合をするのかと言うと、それは単純に原価を安くするためです。品質が同じなら当然原価が安い方がいいのですが、全くそうではありません。クレアチン・モノハイドレートには、ジシアンジアミドなどの不純物が含まれている安価な原料が存在します。『Creapure®︎』は純度99.9%以上という現在流通しているクレアチン・モノハイドレートで最も純度が高く、原料自体でもドーピング検査を受けている安全性の非常に高い原料であることが証明されています。

良い原料の名前を使うため、良い原料を少しだけ入れて残りは安価な原料で構成する。

相変わらずスポーツサプリメント業界はこんなことをやっているのかと残念でなりません。

実は私が最初にサプリメント開発に興味を持ったのがこのクレアチン・モノハイドレートだったからです。

私が学生の時、クレアチン・モノハイドレートに含まれる不純物質が問題になりました。私は国内メーカーにどこの国の原料を使っているのか、原料名は?といったことを電話で問い合わせしたのですが、ほとんどの会社は『企業秘密』ということで教えてくれませんでした。

自分の身体に毎日入れるものなのによくわからない。こんな気持ち悪いことはない。いつか自分で作りたい。クレアチン・モノハイドレートにはそういった思い出があります。

かなり時間を要しましたが、登録商標の使用許諾契約ができましたので今後は『Creapure®︎』という名前を使っていきます。

ロゴをよく見ていただきますと、20PA09という数字があります。


これが弊社独自のシリアルナンバーです。正真正銘の『Creapure®︎』100%使用の証ですのでご安心ください。

Creapure®︎のご紹介】

Creapure®︎は、ケルンリスト®︎に掲載。

Creapure®︎の製造ではHACCP(危害分析重要管理点)を採用。

Creapure®︎の製造工場は、品質管理:ISO 9001、環境管理:ISO 14001、エネルギー管理:ISO 50001取得済。

Creapure®の製造は、IFS FOOD認証を受けており、「 Global Food Safety Initiative」によって承認された品質基準。

*ケルンリスト®︎とは、定期的に禁止薬物のテストを受けている原料を掲載しているリストのことです。Creapure®︎は原料単体としての安全が証明されています。実際に選手の安全性を担保するためには、製品の最終加工工場でのドーピング禁止物質混入リスク、他原料へのドーピング禁止物質混入リスクを調べるために、最終製品の検査が必要となってきます。PPN製品は最終製品の全ロット検査を実施しておりますのでご安心ください。

Creapure®︎は、AlzChem Trostberg GmbH の登録商標です。) PPN製品の原料は『Creapure®︎』以外も、全て、1つ1つに拘りを持って厳選して配合しています。体感できること、安全であること、この2軸に徹底的に拘って今後も製品開発をしてまいります。

今後ともピークパフォーマンスニュートリションをどうぞ宜しくお願い致します。

PPN阿久津





『常識なんて捨ててしまえ!アスリートサプリは、PPN。』

1.アスリートの安全、安心の追求
2.「体感」の追求
3.裏付けのある原料の追求
4.同一原料の中で最高品質原料を追求
5.常識に捉われない、真似をしない製品開発の追求

株式会社ピークパフォーマンスニュートリション

*PPNはアンチドーピング世界一への挑戦をしています。

パワーリフティング日本選手権8連覇中!阿久津貴史トレーニングアカデミー(無料メルマガ)のご登録は下記URLから!


この投稿をシェアする